お金がいくらあれば生活できるのか考えています

サラリーマン毎日ものち数年で一応節目になることから、今後の生活にお金がいくらあれば必要なのか考え始めている。いままでは定期的にサラリーが振り込まれていたのでそれにあわせて生活費を捻出すればよかったのですが、仮に給与がはじめになればストックを崩すしかありません。
年金もフルにもらうためには65年齢まで待つ必要があり、60年齢からの5通年をどうやりくりするのかが当面の弱みになります。会社では再就職プロセスもあるのでサラリーは減りますが、一定の金額は確保できます。ただい体力的な実情と労働を続けたいという気が果たしてあるのかが重要になる。
退職の頃にはキッズも社会人になっている心づもりなので、学資は必要ないので少し楽にはなります。
奥さんは働き続けてほしいみたいですが、動くには資産を必要とする理由がないとパワーがわいてきません。もともと普段から自分のお小遣いはひと月3万円あればガソリン値段や足代含めて賄える収入です。ケチといわれるほどお金を使うことを策するオリジナルなので人間と比べても支出していないと思っています。
奥さんも豪華をしないタイプなので、そこそこの生活費があれば最適気もしていますが、建物にいてごろごろしていても退屈をもてあましてしまうほうが危険です。
退職まで数年あるので気長に考えようとしている。フィンジア口コミは嘘?効かない2ch評判は?逆効果の危険性?