一人暮らしの削減手法について

これから独り暮し始めよう。でも、自分の報酬だけで生計が成り立つか少し問題という方法や、もう既に独り暮し始めているけど、どうも月キツキツでやりくりが大変という方も多いのではないでしょうか。せっかくの自由な独り暮しを、月お金のことを気掛かりしながら生活するのは勿体ないです。ちょっとの工夫で楽しく、健全で豊かな生計ができます。これを機会に実践してみませんか。独り暮しを始めると、家にいる時折あまり考えにならなかった、家賃・電気代・瓦斯勘定・水道勘定・食費といった、いわゆる生活費がもろに自分の肩のうえにのしかかってくる。あんな、生活費のやりくりが難しくて、「今月もキツキツで終わってしまった」、「今月もまた預貯金ができない」、「こんなに努力しているのに、どこがムダなのかが思い付か」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、自炊が面倒・拒否だから、食物は外食あるいはコンビニエンスストア弁当ばかりで、これが悪いと分かっていても、生計の習慣になってしまってあるという方も、きっと多くいらっしゃることでしょう。敢えてズバリ言います。そうです。実際、こういう食費は最適費消なのです。あと、忘れがちなのが電気代です。独り暮しだから、電気代はそんなに使ってないはずだと思って、節約するゾーンを他へ目を向けがちですが、結構無駄になっている場合があるのです。まず、何のために節約するのか具体的な対象を立てましょう。例えば「将来のために預貯金がしたい」「もう少し面白みのための剰余がほしい」など、対象は十人十色違うと思います。そうして、具体的な対象が決まったら、その目標のためには、いくら月浮かせたらいいのか具体的な稼ぎを設定しましょう。では、正に対象セッティング値段を節約することに成功したら、お金をどう活用していけば良いでしょう。もちろん、預貯金がしたかった方は預貯金を通してください。面白みのために払えるお金が欲しかった方は、面白みを楽しんでください。ただ、これだけで満足するのではなく、定期的に節約する対象を見直して下さい。何故かというと、生計は生活続きます。その時々で、自分の生活にはリザーブが起きるものです。それなのに、漠然とおんなじことをやっていては、また「あれ?生計がキツクなってきた」についてが起こり得るからです。そのために、ぜひ定期的に対象を見直してください。対象を突き立てることには、制圧の一番のショートカットであり、早道でもあるからです。ぼんやりと思っているだけでは、元来なにも貫くことがほとんどです。まず、「観光したい」「恋人ができたから嫁入り資産を貯めたい」など、やりたいことやポイントをメモ用紙に書き出して見るのです。そうしたら、次にそのやりたいことやポイントを分析して、枝分かれして書き足していって下さい。例えば、「観光」なら「何処に→何者と→何泊→旅費は?」というようにです。そうすると、具体的に必要なものが浮かび上がってくる。こういう仕事をすることにより、志望や対象を解体できて、本当にポイントかどうかも探査でき、節約する対象をタイト化することにより、本当に必要な低減をすることにもくっつき、賢いお金のやり方・貯めほうができるのです。あと内、例えばちっちゃな対象「日常では行けない焼肉を食べに行く」から始まって、定期的に対象を見直すことによって、別個達成できたら、それだけで何か節約しながら満足も得られて、楽しい生活になりませんか。では、小さいところから対象をもちまして低減を通していきましょう。独り暮しだと、良くも悪くも自分の自由にできてしまいます。そのため、ついついホビーホビーにお金を使ってしまったり、外食などが増えたりと費消が知らないうちにかさんでしまう。生活費には大きく確立費・食費・遊興費があります。確立費はタスクを見直せば簡単に止めることができ、食費はウィークに1~2回手間をかける事、遊興費は工夫で低減とれることが分かってもらえたかと思います。低減のために生計ではなく、今度は頭がキツキツになっては意味がありません。初めはできるところからスタートし、低減を楽しみながら、頭もお財布も豊かな生活になるようにがんばりましょう。http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E7%9F%B3%E9%B9%B8/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%AA%E3%81%97.html