年々、わき汗がパワー増強して困ってます(;´・ω・)

わき汗って本当にやっかいですね。
額や首筋の汗と違って、妙に恥ずかしさが増します。

寒い冬の間はわき汗とお別れできるのかと思えば、必死に冷えと戦っているにもかかわらず、なぜかわきだけは熱帯性気候を保っているから不思議です。
ましてや夏ともなれば、ちょっと体を動かしただけで、わきの下はボトボト。

認めたくないことですが、明らかに年をとってからのわき汗の量が非常に増えました。
そして、さらに認めたくないけど、中年太りで増えた体重と比例して、汗をかく量も増えているのは確実です。
悲しいかな、自分が太ってみて、かく汗の量が違う!と実感しました。

女としては「わき汗なんてなくってよ」と涼しい顔をしていたいものです。
そこで汗脇パッドなる衣類の内側に張り付けるシートも使ってみました。
結果は、惨敗。ちょうどいい位置に張り付けるコツをつかむまで何枚も無駄にしたあげく、ようやくフィットさせることができたと思ったのもつかの間、腕の動きにシートの粘着力が耐えてくれず、袖口からはがれたシートが顔を出すという失態を演じることに!
今は大人しく脇の部分が何重にもなった肌着を愛用しています。安心感はバツグンです。

ところが先日、汗をふきふき炎天下の中を歩いていると・・・何かが腕をつたって肘からポトリと落ちました。
わき汗のパワーがすごいことになっていて、我が目を疑いました。
今年はさらにわき汗対策に翻弄しそうです。サラフェの口コミは怪しい?制汗対策効果あり?