考えてみれば

いつもいつも金銭に困っていた気がする。

衣食住に困った事はないけれど、最低限度の道筋で生きて頂けだと何となく近頃気が付いてきた。

お小遣いをもらっていなくて、馴染みと遊んでいるらみんなが買い食いしていても自分だけポツンとそれを眺めていた小学校年代。
ちょっとしたお呼ばれや婚礼の披露宴や、習っていたヴァイオリンの発売会も、衣料は集大成学園の制服だった中学年代。
とにかく早くこういう息苦しい実家を出ていきたいとだけ考えていたハイスクール年代。
そうして、望みかなって都市の生徒になり一人暮しが始まったけれど、家賃と光熱費など必要なものを支払うと余る仕送りはたったの3万円だった。
ハンドブックを買ったりするとあっという間に総締め万円使い切るから、朝と昼間はカロリーメイト1入れ物で過ごして夜はリンゴ一つという太陽もかなり続いた。
日雇いして金銭を稼ごうにも、カレッジと実践で毎日の大半を費やしてしまうので、とにかく寸前で生活していた4通年を終え、自分ではたらく後を見つけたときの嬉しさは今でも覚えている。
これで自分の好きなものを買って好きなものを食べられる! と最高だったけれど、それまでよりほんの少しだけリッチが出来るようになっただけで、大方通常以下だった。

多分これからも、常にお金がないお金がない、と思いながら生きていくんだろうな。
石川啄木よりずっと贅沢な生活をしておるだろうに、やっぱりじっとポイントを見たく患うのは私だけなのかなぁ。シックスパッドの効果や口コミについて